kochel
  • Author:kochel
  • ケーオーホテルの最新情報をお届けします♪
  • RSS
ケーオーホテル公式ブログ
愛媛県 今治湯ノ浦にあるケーオーホテルの公式ブログ。
最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カウンター


フリーエリア


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成しました!
皆さんこんにちは!

以前、ご紹介させていただいたリニューアル客室が完成しました。!

なんといっても始めて客室に温泉を引き込んだ『温泉内風呂付き』客室。

モダンな雰囲気の落ち着いたトーンで、こころ休まる空間になったと思います。

企画段階から、社長、支配人、フロントスタッフ、施設スタッフが

何回もミーティングを重ね、スタッフの想いがいっぱい詰まった客室です。

是非、沢山の方に利用していただきたいと思います。

IMGP4363.jpg

IMGP4362.jpg

IMGP4361.jpg


ここでブログを見ていただいている方にお得情報をこっそりお知らせします!

リニューアル客室完成イベントとして、期間限定で宿泊料金が半額になる

『モニターキャンペーン』を実施します。

詳しくは【ケーオーホテルオフィシャルホームページ】をご覧下さい。


スポンサーサイト
史跡を巡る パート3
皆さんこんにちは!

史跡を巡る第3弾は、天満宮に関係する情報をお届けします。

全国にいろいろある天満宮!

有名なところでは北野天満宮・大宰府天満宮に防府天満宮・・・

今治にもありました。その名も『綱敷天満神社』。

綱敷天満宮


天満宮といえば菅原道真公を祭った神社ですが

この今治の地にも立ち寄ったとの言い伝えがあり、敷物の代わりに漁船の

綱を丸く巻き円座の代わりとした事により、名付けられた『綱敷天満宮』。

又、道真公の濡れた着物を乾かした場所と言われる『衣干岩』など・・・

衣干岩


国指定の名勝地の数々!境内に入ると天神様にゆかりのある『牛』がいました。

牛


ふと視線を横に向けると、牛の次は・・・『馬』?

馬


何故『馬』なのか理由は分かりませんが、見事になびいてます・・・シッポ!

話が脱線しましたが、今回紹介した史跡を巡るツアーはケーオーホテルを出発し

1時間で観光できるコースですので、ケーオーホテルに宿泊予定の

お客様で行ってみたい!

と思われた方は、お気軽にフロントにお申し付け下さい。





史跡を巡る パート2
皆さんこんにちは!

まだまだ暑い日が続き、なかなか外出する気分にはなりませんが

秋の行楽シーズンに備え、史跡ツアー第2弾をお届けします。

前回ブログでの質問、漆器から発生した日本発の○○○何だと思われましたか?

正解は・・・とその前に

その昔、漆器は一部のお金持ちにしか買えない贅沢品でした。

椀舟(桜井漆器の行商人)で行商に行くも、思うように売れない・・・

そこで考えられたのが、『月賦販売』のシステム!!

そうです!今治発祥の日本発とは、この『月賦販売』なんです。!!!

今では誰もが一回は利用した事がある、ローン(月賦販売)の

システムは、商魂たくましい今治人のアイディアで生まれました。

この石碑は、綱敷天満神社の敷地にひっそり建っています。

月賦


次回、第3弾は天満宮にまつわるお話しをお届けします。


小さな秋みーつけた・・・
皆さんこんにちは!

今日は、ホテル館内をぶらぶらしているとお食事処『和華』(わか)で

小さな秋を発見しましたので紹介します。

和華に入ってすぐの所にぶどう棚を発見!!

和食の文ちゃんに理由を聞いてみると?

文:ブドウがなってるとこ見たことないやろ?

フジモ:実家の内子では当たり前の光景だけど!

文:いやいや、意外と見る機会がないの!!

フジモ:そうなのー?

文:パック詰めのブドウじゃなく、実際に実っているブドウの

雰囲気を楽しんでもらいたくて飾ってみたんやー。

ちなみに・・・飾ってあるブドウは原種の『レッド ネヘレス コール』

という珍しい品種なんだとか。

ぶどう



そんな、小さな秋を感じる『和華』に遊びに来ませんか?

和華のお勧めランチはこちらから!
史跡を巡る
皆さんこんにちは!

9月は3回に分けて、ホテル周辺の史跡(観光)ツアーをお届けします。

第1弾は『桜井漆器』・・・

ホテルのある湯ノ浦地区から車で数分の桜井地区では、漆器の町として

昔から漆器の生産が盛んで、それぞれの工程ごとに別れ各家庭で

下地・上塗り・蒔絵・沈金と専門の職人さんが腕を振るっています。

その歴史なんと250年!

港


その昔、山陽・関西方面への行商の為、小舟に漆器を積んで出港していた港が

史跡として残っています。

気をつけて見ないと分からないような、石碑が1つ・・・

椀船


地元でも若い人たちは知らないだろう場所ですが、今治人の商売気質を象徴する

場所として『ルーツとロマン』を感ます。

桜井漆器は国道196号線沿いの『桜井漆器会館』で購入できます。

次回は、漆器から発生した日本発の○○○をお送りします。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。